製缶と容器のトータルソリューションカンパニー 

■ 蓋の種類が多彩で、用途に応じて選定が可能。

ドラム缶の種類に分類されるペール缶は、テーパーの積み重ねが可能なタイプと、ストレートで内容物をポンプアップできるものがあり、ペール強度を活かして農薬など毒劇物用途として使用が可能です。また、蓋の種類が非常に多彩で、充填はオープンにして使用時は小さな口からの使用や、バンドを使用してオープンの利点を活かすなど、用途に応じて選定が可能です。また、キャンペーン商品として専用印刷を行うことも可能で、イスやお子様のおもちゃ箱としてもご利用いただけます。災害時の非常用トイレとしてのアタッチメントもございます。