製缶と容器のトータルソリューションカンパニー 

一般事業主行動計画
平成21年4月1日に次世代育成支援対策推進法が改正され、101人〜300人の労働者を雇用する事業主は、平成23年4月1日以降、次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」の策定・周知・公表・届出が義務となりました。弊社は該当してはおりませんが、社員が働きやすい環境を作るため、下記の通り「一般事業主行動計画」を策定・届出しました。