製缶と容器のトータルソリューションカンパニー 

■ 角缶・丸缶ともに厳格な検査で高品質を供給

角缶:主に液剤用途として、溶剤などにご使用いただけます。酸素を通さず、遮光できるため、内容物の劣化を防ぎます。漏洩検査を重要課題とし、全数検査や巻締内部の拡大鏡確認など、品質向上に努めています。また、危険物輸送対応として、UN規格を取得。輸出にも対応しています。
丸缶:医薬品粉体、粒材用の被せタイプ、液剤用キャッピングタイプ、高粘度品向けに塗料タイプを選定できます。医薬品向け品質確認を基準とするため、食品・化学品向けにも高品質の供給が可能です。


*充填効率やユーザーの使用用途に合わせた形状の変更や、口位置の口径の変更が可能です。充填物に合わせた内面コートの塗布も行っております。